カジノにおける音楽の歴史

キューバ発のサルサには新たなバージョンがあり、ティンバと呼ばれています。アフロキューバンの影響を強く受けたファンキーなノリのサルサです。ほとんどの歌詞はルンバの型を完全に受け継いでいます。出だしはゆっくりですが、サルサらしいビートへと変わっていき、見事なコール&レスポンスへとつながります。コーラス・メンバーは伝統的なスタイルで歌いますが、ボーカルはオリジナリティを表現しています。

アイナマ!ティンバは、異なるリズムとピットを組み合わせることが多いのが特徴です。キューバではレゲエ、ラップ、ヒップホップが非常に人気で、ティンバを演奏する人々は、こうしたサルサのリズムで踊るのを大いに楽しんでいます。アフロ・キューバン・ルンバのマイナス面でもある強めのハグや胸の揺れ、豪快なお尻の揺れなども、キューバダンサーは全く気にせず楽しんでいるようです。

代表的なティンバ・ミュージシャン

 

  • ロス・バン・バン
  • プーピ・イ・ロス・ケ・ソン・ソン
  • マラカ
  • チャランガ・アバネーラ
  • エネヘー・ラ・バンダ

 

ティンバの歴史

ティンバはキューバの音楽ジャンルで、キューバンサルサとも呼ばれています。とはいえ、ティンバの歴史はアメリカやプエルトリコのサルサとは全く別のものです。キューバの禁輸措置やアフロキューバンに深く根ざした文化遺産により、音楽はキューバのトレードマークとして知られるようになりました。「ティンバ」という言葉は、アフリカの言語からスペイン語へと流入していった、インビ語とインギ語の単語です。トゥンバ、ルンバ、マランバ、カリンバ、マンボ、コンガ、チャランガ、ボンゴなど、他にも何百もの単語があり、今でも毎年新たな単語が生み出されています。

『ティンバ・ティンバ・カジノ・ドゥ・ラ・プラヤ(Timba Timba Casino de la Playa)』や『ティンバ・ティンバ・プレッツ(Timba Timba Perez)』などの楽曲の歌詞に見られるように、少なくとも1943年にはティンバという単語が使われていました。また、ハバナの地区名にもなっています。

1989年頃から曲のジャンルとして使われるようになり、最初はティンバ・ブラバとして知られていました。エネヘー・ラ・バンダのホセ・ルイス・コルテスの楽曲『エル・トスコ(El Tosco)』で、最新の音楽ジャンルであることを強調するため、初めてこの言葉が使われたという逸話は有名です。ティンバのパイオニアには有名な3大バンドがあります。ロス・バン・バン、イラケレ(いずれも1970年代)、そしてエネヘー・ラ・バンダ(1980年代)です。しかし、オルケスタ・レヴェのような新世代のバンドを凌駕していたのは、他のバンドでした(ソン14、オルケスタ・オリジナル・デ・マンサニージョ、リトモ・オリエンタルなど)。

キューバのカジノスタイルを確立したサルサダンス

カジノのルーツとして知られているのはキューバのペアダンス、ソンであり、そのリズミカルな体の動きはアフロキューバのルンバの伝統的な形です。ソンの初期のバージョンは、サルサの祖先と呼ばれています。ソンは2-3キー後にテンポアップして踊る(ソン・クラーベ)のに対し、カジノは地味なシェイク1や3で踊る(ア・ティエンポ)のが一般的です。1950年代後半になると、ソンは頻繁にアップテンポのジャンルとして確立されるようになり、最新音楽として人気が高まりました。

カジノは、キューバの禁輸措置、プエルトリコや北米のダンスなどの外圧にかかわらず、少しずつ発展しています。キューバンサルサは、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、北米、そして中東の国々など、世界各地で人気があります。キューバンサルサはカジノと呼ばれることもあります。カジノを踊ることは、文化的生活にしめる大きな部分であり、ラテンアメリカの人々は、カジノをポピュラー音楽の社会的・文化的慣習の一部と考えています。「カジノ」という言葉は、ホールを意味するスペイン語に由来しています。

20世紀半ばのキューバでは、ホールで社交のためのサルサダンスが頻繁に行われていたのでした。

今やギャンブラー向けのサイトや選択肢は無数にあります。リスクを負って、好きな場所でたくさんのゲームをプレイし、コロナ禍でも安全に過ごしましょう。莫大な数のカジノがあるため、どのカジノもオリジナリティを出そうとしています。豪華な光と音楽で演出し、伝統的な部分も残しつつ差別化を図っています。光や音楽がギャンブル依存症を誘発すると考える人もいますが、それらはギャンブル中の行動に影響を与えることはあっても、長期的な依存症を引き起こす原因ではありません。ただ、カジノフロアにいる時は、ハメを外しすぎず、自らの予算限度を忘れて使いすぎないように、銀行口座をしっかりと頭に入れた上でゲームを始めましょう。